膝の痛みを運動療法で治す:メニューページ

膝の痛みを運動療法で治す点についてまとめているページです。運動療法は医師の指導のもとに行いますが一つの情報として参考にされてください。

膝が痛くても運動療法が役に立つ理由
膝が痛いのに医師が運動をすすめのは意外に思えるかもしれません。しかし運動をすることは膝にとってプラスになる2つの点があります。


運動療法で膝の痛みを治すための目標設定
変形性ひざ関節症の場合、人によって症状の程度や再び生活でしたいことが異なります。それで自分なりに目標設定をしておくのは自主的に治療に取り組むのに助けになるでしょう。


運動療法に取り組むうえで必要な考え方
病院で治療を受けるのとは異なり、運動療法は自宅で行なわなくてはなりません。それで「自分で膝を治す」くらいの気持ちで自主的に取り組む必要があります。


膝の痛みに効果がある三種類の運動療法
運動療法には大きく分けて三種類ありストレッチ・筋力トレーニング・有酸素運動です。それぞれの療法について簡単に解説しています。


まずは軽い運動療法を二週間ほど行って効果を確かめる
運動療法の最大の弱点は患者さんが効果を実感する前に飽きて止めてしまうことにあります。まずは二週間頑張ってみて効果を確かめてみましょう!


膝の可動範囲を広げ痛みを和らげるストレッチ
ひざ関節症が進行すると可動域が徐々に狭まってきます。(拘縮)ストレッチを行なうと可動範囲が広がり膝と周辺の機能を高めることができます。


筋トレで膝の痛みの度合いが変わってくる理由
膝周辺の筋力が増加すれば伴ってそれだけ膝の安定性が増すので痛みの度合いも軽減されてゆくのです。


筋力トレーニングと簡単な方法
筋力トレーニングは運動療法の中でも基礎となりますが、自宅でも簡単に行なうことができます。まずは2週間頑張ってみましょう!


膝の痛み解消に役立つウォーキングと注意点
ウォーキングは膝の痛みを軽減するのに役立つ運動療法の一つです。幾らかの注意点を覚えておきつつ行う必要があります。


サイクリングもおすすめ
ウォーキングと並んでサイクリングも人気のある有酸素運動の一つです。気軽にできますしストレス解消にもなりますのでおすすめの方法です。


エアロバイクをおすすめする理由
サイクリングもおすすめですが、エアロバイクならではのメリットも多いと言える理由を簡単に紹介しています。


運動療法は心の健康にも役立つ
運動療法の中でもウォーキングは手軽にできる方法ですが、膝の痛みを治すだけでなく心の健康にも役立つ理由を簡単に紹介しています。


運動療法でスポーツを選ぶ必要性と注意点
軽いレクリエーション程度のスポーツであれば膝にとってプラスに働きますが、医師との相談の上でどの程度行えるか考える必要があります。


運動療法を行えない人 / 止めるべき時
運動療法は大多数の方にとって効果的な方法ですが行えない人もおりますし途中で止めなければならない時もあります。必ず医師との相談の上で行いましょう。


症状の度合いに応じた運動療法の種類
医師は患者さんの症状の進行の度合いに応じて運動療法の種類を決めてゆきます。どの段階の方にとっても運動療法自体は効果の上がる治療方法です。

このページの先頭へ